月刊有機新田 

<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

茶の味

今更だがずっと観たかった「茶の味」を観た
石井克人監督の映画である

確実に新世界に到達していた

私すきですわ この感じ


c0039875_1302462.jpg

[PR]
by shntt | 2005-02-28 13:00

剣道

久しぶりに剣道の試合をした
試合といっても審判は選手がやる気楽な感じだ
一試合だけ参加させてもらうことにして大将をやった
大将なんてはじめてである
久しぶりの試合には本当にワクワクした
五人せんの団体戦
自分の出番には4-0ですでに勝敗が決していた
相手は体が大きく若い選手(30歳ぐらいだと思う)だった

面が強い
間合いは遠く、予備動作も少ない
何度も面がねをはじかれヒヤッとする
少しずつ間合いがつかめ出ごてをとる
ここで試合運びを変えていかなければいけなかったが楽しくてどんどん前に出る
抜き胴は間に合わない 面をとられた
気持ちが大きくなり足運びが雑になった結果だろう
すぐ間合いを見切られてしまった 相手の間合いでの勝負をしてしまった
その後お互いに技を出すも決まらず結局引き分け

久しぶりの試合は内容は到底満足できるものではないが嬉しかった
日頃の稽古に還元していきたい

何事も活きるところを意識しなければ練習の効果は低いものになってしまう
できるだけリアルに想像して修練したい

想像にリアリティがあることは実現の可能性があることであり
リアリティに欠けることは実現の可能性が無いことだという
[PR]
by shntt | 2005-02-27 23:38

なぜ なぜ なぜ なぜ なぜ

c0039875_17371150.jpg原理を知ることが応用力をつける第一歩だと思う

TOYOTAではなぜを五回繰り返せという言葉があるそうだ
なぜを繰り返すことで原理に近づくことをねらいにしているのだと思う(私が勝手に思っている)
ただしあまり掘り過ぎると原理を通りこし
哲学の世界へ飛び込み
大変なことになる

だから五回までなのかな
[PR]
by shntt | 2005-02-26 17:39

人間学

愛青園という施設に行ってきた
簡単な実習と見学をさせて頂いた
この施設は18歳以上の自閉症やダウン症、脳性麻痺
様々な障害をもつ方が入所されている
園長先生の話の中で「薬」について話された部分があった

医師は治療の基本に薬がかなり大きくある
そのほとんどが、症状の緩和を目的としての使用だ

だけれども、この施設では薬は使わないことをポリシーにしていた
薬は障害をもつ方を周りに合わせるために使用する
ここでは周りが障害を持つ方のために頑張っている
そう思った

この方針には当然難しい面がある
マンパワーが圧倒的にたくさん必要になること
施設は小規模で数がたくさん必要になること
入所者と家族との距離感
私の目に映る部分は氷山の一角だと思う

養護学校や施設の解体が日本では進んでいるそうである
アメリカがその先行者のようだ
果たして今の日本にはその変革をうけとめる能力があるのだろうか
アメリカではたくさんの問題が発生して、その犠牲の上に今があるのだと思う
どうか日本では同じ犠牲を生まないで欲しい
今発達障害を学び生きている人たちに期待している

自分も医療従事者として学んでいきたい

(このコメントに至らぬ部分があることと思います、お気づきの点をご指導ください)
c0039875_16175459.jpg

[PR]
by shntt | 2005-02-25 23:50

携帯電話

c0039875_1934471.jpg携帯電話が壊れた
無いと困るのは重々承知であるが、どれぐらい困るかは無くしてみないとわからない
実際に携帯電話が無い今困っている
困っているんだが実はそんなに切実ではない

少し携帯電話が無い生活をしてみることにした
どんな生活になるんだろうか
以前は無いのがあたりまえだったのになぁ

ただ自分が困るのではなく連絡をとろうとする人が困るのは心苦しい
昔はどうやって連絡をとっていたのだっけ

小学校の時遊ぶ約束をしてから学校から家に帰った
そうだった 
約束をしてたんだ
時間を決めて、場所を決めて
時間を遅れることが本当に大問題だった
遅れたら待ちぼうけさせることしか出来ないから

今は約束に遅れても一言連絡が入れられる
大学の講義も間に合わなくても代返を頼める

約束や決まりごとの重大さは軽くなっていってるのかもしれない
自分にそう思い当たる節はたくさんある
少し考え直さなくてはと思う

今更だが物事を得る陰には喪失があるのだと思う
どんなに便利なものでもそこには喪失がある
そこに目をやることはとても大事なことなのだと再認識である
[PR]
by shntt | 2005-02-24 19:12

J・J

c0039875_2553576.jpg
すっかり日本でもおなじみになったジャックジョンソン
今日3RDアルバムを聴いた
相変わらずメロウなリズムでやさしい

なんだか生きていて余計なものがどんどんくっついてくるのを
やさしくほぐしてくれる気がする

何があればいいのか
いつも自分の内面は要らないものでいっぱいなのかもしれない
[PR]
by shntt | 2005-02-17 03:03

スノーボード

c0039875_23332236.jpg
昨日は広島までスノーボードに行ってきた
実に三年ぶりだったが思ったよりすべれた
ボードやブーツは仙台であげてきてしまったので借りた

やっぱり楽しいな
思いっきり滑って転んで、もう体はボロボロ
それでもまた行きたくなる

何で人は滑り降りていくことが快感なんだろう
スキーもそうだ
滑り台もそうだ
ジェットコースターもその極端なものかもしれない
うーん、何でだ?
[PR]
by shntt | 2005-02-12 21:58

5.9

今日は鴨池のクライミング壁でいちばん簡単な課題をクリアした
いちばん簡単な課題とはいえ嬉しい
次の一歩が踏み出せることが嬉しい
c0039875_23231523.jpg
はやく桜ヶ丘のキャンパスにボードを作りたい

成長を実感できることはどんな小さな成長でも嬉しい
きっと一生そうだろうなぁ
成長する喜びはどんな小さなものでも大事にしていきたいな

クライミングはそのへんはとても素直だと思う
[PR]
by shntt | 2005-02-09 23:44

クライミング

c0039875_23165451.jpg
今日は鴨池にあるクライミングのリード壁に行ってきた
まだまだ本当にビギナーでおっかなびっくりへこへこ登っているが、私はとても楽しい
誰かと競るのでもなく、何かを征服するわけでもない
ただ単純におもしろい

子供の頃、ダンボールで土手を滑り降りた
ワクワクしてた

そんな感じだ

クライミングを教えてくれる皆さんもほんとにやさしい
いろんな年齢の方が居て、和気あいあいとやっている
きっと楽しさだけで集まったからなんだろう

ずっと続けていきたいと思う
[PR]
by shntt | 2005-02-06 23:06

山本周五郎

今日はともだちと演劇を観にいってきた
山本周五郎が原作の脚本だった
山本周五郎の作品に一貫するテーマ(私が勝手に思ってるだけ)である人情
これがとても伝わったと思う

日本にはたくさんの国民が共有する宗教が無い状態にあると思う(これも私が勝手に思ってる)
しいて言えばアミニズムといっていいのだろうか
私自身信仰とまでいわないが、アミニズムが心の中に存在している
宗教はとても人にとって大きい存在だと思う
それが希薄な日本は世界の中でも珍しい国なのかもしれない
このことを考えるといつも頭の中に人情という言葉が浮かぶ

人情

これはどこの国にもあるものなんだろうか
国民性とまではいわないけれども、日本人の人情
これは日本人の宝物だと思う

損得をぬきにして人とのつながりが出来上がる

人と向き合っていく中で大事にしていきたいとおもう
c0039875_2022016.jpg

[PR]
by shntt | 2005-02-05 20:03